chromoteパッケージでRからInstagramにggplot2を投稿する

The Economist誌がインスタにグラフを投稿する時に気をつけていること、という記事がちょっとバズってたので、

とツイートしたところ、なんかいいねがいっぱいついてしまい、できないと思ってたけど、「それ、Headless Chromeでできんじゃね?」というレスがついてしまったので、

後に引けなくなりやってみました。という話です。

たぶん実際にRStudioからInstagramに投稿したい人はそんなにいないと思うんですけど、chromoteの使い方について書いた記事を今のところ見かけたことがないので、 まあ誰かの役に立つこともあるかなと思って公開します。

(注:これが Instagram利用規約的に OK かどうか自信がないので、試すときはご自身の責任でお願いします。)

続きを読む

メモ:Manjaro Linux 19.0.0でVisual Studio Code extension for Arduino(vscode-arduino)を使う

これを使いたくて、別に難しくはなかったけどちょっと手間取ったのでメモ。

普通にArduino IDEを使う場合の手順は以下を参照。

続きを読む

メモ:Shinyで条件に応じてactionButtonのactionを変える

conflrで、「すでに同名のページがあったときだけ、上書きしていいかを確認するダイアログを出す」ということをしたかった。 軽く調べた感じ、actionButton()inputIdを動的に与えるのが簡単そうだった。

以下の例だと、confirmok という2つのイベントがあって、

  • ok だとそのまま stopApp() する
  • confirm だと showModal() でダイアログを出して、そこに okactionButton() が置かれている(ので結局 ok に行き着く)

という流れになっている。もっと簡単な方法ある気もしつつ、 inputId が文字列なのでいろいろ応用がありそう、と思ってとりあえずメモ。

続きを読む

メモ:Manjaro Linux 18.1.0でR CMD checkをするために必要なTeX環境

なんかいろいろつまづいたのでメモ。結論としてはたぶんこう。

sudo pacman -Syu texlive-core texlive-fontsextra qpdf aspell-en
続きを読む

Apache ArrowのRパッケージでfactorを含んだデータもParquetファイルに読み書きできるようになりました

1ヶ月前に、「Apache ArrowでParquetを読み書きするときfactorを扱う方法がよくわからない」みたいなことをゴニョゴニョ書きましたが、

直りました。

続きを読む