読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tokyo.RでdplyrについてLTしてきました。

R dplyr

第53回東京R勉強会@東京a.k.a. Tokyo.R)でLTしてきました。発表の概略はこちらのスライドをご覧ください(一部省略したスライドがあります)。

煽り系のタイトルではありますが、私はこれまでもこれからもdplyrが好きです。データ操作に革命を起こすかっこいい企てだと思います。

ただ、

dplyrは○○ができないからクソだ!

みたいなつぶやきを見るたびに、「dplyrにそこまで求めるのはちょっとやりすぎでは…」という気がしてしまいます。dplyrは、野心的にいろんなものを実現しようとしているので、切り捨てざるを得ない機能も多々あります。

例えば、私が立てた以下のIssueは「It's starting to feel to me that functions like this should belong in purrr.」というコメントとともにクローズされています。

こんなふうに、「これはdplyrの役割ではない」と切り捨てられる機能は、たぶん山ほどあります。

dplyrが何を目指しているかについては、スライド中でも少し触れましたが、dplyrのVignetteを訳しました。これを読むと少し分かるかもしれません。

dplyrは万能ではありません。多くを望みすぎず冷静に、愛を持ってdplyrを使いこなしていきましょう。