読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのFiveThirtyEightも使っているというグラフ作成ツール・Chartbuilder/Gneisschartを使ってみた

Gneisschart visualization Quartz Chartbuilder

↓この記事で、Chartbuilderというグラフを描くツールがあると聞いたので使ってみた。

Quartzがチャート・オブ・ザ・イヤーを選考。Quartzが考えるチャート活用の8つの指針 | ビジュアルシンキング

Chartbuilder/Gneisschart とは?

レポジトリ

Quartz/Chartbuilder · GitHub

こんな感じ

(READMEから抜粋)

  • NPRとかWall Street Journal, FiveThirtyEight(!)とかいう大御所が使ってるらしい
  • ExcelとかGoogle Spread Sheetに取って代わることを目指してるわけではない
  • データをコピペで貼って、HTMLのソースや、PNGとかSVGでエクスポート
  • ChartbuilderはUI、Gneisschartはグラフ描画フレームワークのことを指すらしい

インストール

インストールというか、ダウンロードしてきてローカルでサーバを立てるだけ。

wget https://github.com/Quartz/Chartbuilder/archive/master.zip
unzip master.zip
cd Chartbuilder-master
python -m SimpleHTTPServer

で、http://localhost:8000/にアクセス。

画面

こんな感じ:

f:id:yutannihilation:20141211231855p:plain

使い方

  1. 「Input your data」って書いてるところにTSV形式?のデータをコピペで貼る
  2. 各系列を折れ線グラフにするか棒グラフにするかとか選ぶ
  3. タイトルとか軸のオプションを書く
  4. エクスポート

感想

いいところ

  • キレイなグラフがお手軽に描ける
  • ブラウザベースなので、Rでグラフを描く時と違って日本語フォントの問題とかを気にしなくていい

んっ?ってなるところ

  • Programableじゃない。マウスでクリックするのだるい系のひとにはつらい
  • データ読み込むところはなんでコピペなんすか…
  • 元データの加工はChartbuilder上ではやりづらい

という感じで、使うにはまだだいぶ早そう。こういうツールがあったことだけ頭の片隅にとどめておきます。