読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cisco, Mozilla, そしてH.264についてのコメント、についてのコメント

CiscoH.264の特許料払ってくれる、というニュースを横目に、
Xiph.Org Foundationのひとがこんなブログを書いていました。

Monty Montgomery - Comments on Cisco, Mozilla, and H.264

ライセンスの問題はなにも解決されてない!、的なことを言っているようなのでちょっと適当に訳してみます。
(といってもけっこう付け焼刃な知識で書いてるので話半分で読んでください...)

ちなみに、Xiph.Orgというのは、
動画コーデックの次世代規格を争ってるのは、MPEGのH.265GoogleVP9MozillaとかのDaalaがあって、
そのうちDaala陣営の一員です。

なので、同じDaala陣営のMozilla好意的な発表をしてる以上、
このひとの記事は身内へのつぶてでもあります。

Cisco's license hack is obvious enough if you have the money: There's a yearly cap on total payments for any given licensed H.264 product. This year the cap is $6.5M. Any company that pays the cap each year can distribute as many copies as they want. There are still terms and restrictions on how the distribution gets done, but Cisco will be handling that (and only Cisco will be allowed to build and distribute these copies without a separate license).

まず前提として、
1年間に払うH.264のライセンス料には、いくら使ってもこれ以上にはならない、という上限があって、
今年の場合それは6.5万ドルだそうです。
その上限額を毎年払える企業は、いくらでも好きなだけH.264製品のコピーを配布することが許されます。

Once you or your applications download the prebuilt codec blob from Cisco, you're allowed to use that specific blob for anything you want so long as you don't modify it or give it to anyone else. H.264 codecs for everyone! ...(略)

Ciscoが配布するコーデックは、改変したり勝手に誰か他の人に上げたりしない限り、使い放題です。
"IBM S/360? Yes, please!"とか言ってるくだりは、
まあもちろん、Ciscoが対応させたOSでしか使えないですけどね、みたいな皮肉だと思います。

The mere presence of a negotiated license divides the Web into camps of differing privilege. Today's agreement is actually a good example; x264 (and every other open source implementation of an encumbered codec) are cut out. They're not included in this agreement, and there's no way they could be. As it is, giving away just this single, officially-blessed H.264 blob is going to cost Cisco $65M over the next decade[2]. Is it any wonder video is struggling to become a first-class feature of the Web? Licensing caused this problem, and more licensing is not a solution.

けっきょくライセンス料の6.5万ドル/年はCiscoのつくったコーデックのライセンス料に費やされるだけで、
x264とかの、既にあるオープンソースH.264コーデックは対象になりません。
それって、格差を増やすだけで、ライセンスの問題をなにも解決してなくない?、と問いかけています。

MPEG HEVC licensing isn't set yet. It will be interesting to watch the negotiations if Cisco's H.264 giveaway plan is wildly successful. In the future, could nearly every legal copy of HEVC come as a binary blob from one Internet source under one cap? I doubt that possibility is something the MPEG LA has considered, ...(略)

で、話を広げてH.265を攻撃することも忘れていませんw
MPEG HEVCというのはH.265のことです。
もし今回のシスコの試みがうまくいったとしても、将来、このライセンス料でH.265の分も賄えたりなんてないよね、と。

...Or maybe they'll build in a free, legally uncomplicated copy of Daala instead. Dare to dream.

最後にちゃっかりDaalaの宣伝をして締めくくっています。

あんまこの分野詳しくないですけど、
思ったほど明るい未来が待ってるわけじゃないのかも、とか考えてしまいました。うーん。